Archive for the ‘未分類’ Category

プロのような仕上がりができる?!ブローの極意

サラサラになびく髪の女性は非常に魅力的です。こうした髪に男性は非常に魅了されセクシーとさえ感じてしまうのです。女性がボディーラインを気にしてダイエットしたり、綺麗に基礎化粧でスキンケアしたり、メイクに時間をかけて美しくするのも非常に大事なことです。しかしそれと同じくらいヘアケアに時間をかけ、綺麗に髪をセットすることが大事です。洗髪などはヘッドスパなどを行い毛根から根こそぎ油脂汚れを落とし切り健康な髪の育毛を心がけることが大事です。そうすることでドライヤーの熱などにもすぐにダメージを受けない丈夫な髪を作ることができるのです。


またプロが施術したようなサラサラの髪にするには極意があるのです。それはブローブラシで根本から立ち上げるようにブラシをくるくるとまわし髪の裾までとかし、その上からドライヤーの熱風をかけるのです。するとトップにボリュームがでて、髪には艶が出てサラサラの髪になるのです。ブロッキングと言い髪を小分けしてすこしずつ行うことで綺麗な髪になるのです。熱風の当て過ぎはキューティクルにダメージを与え乾燥させすぎて艶がなくなるので、ドライヤーの冷風で巧みにクーリングし8割がた髪が乾いた状態にするのがポイントなのです。仕上げは艶が出てキープ力のあるワックスで整えれば長時間綺麗な髪を維持できるのです。

斜め前髪で垢抜けるスタイリング方法

前髪はアレンジ一つで、顔の印象を大きく変えてくれるので、とっても重要です。
髪のスタイリング方法は様々でなんだか難しそう、時間も手間もかかるし、ちょっと面倒と言う方でも前髪だけだったら時間もかからず簡単に出来ちゃうので、不器用な人にも是非トライして欲しいです。
お勧めなのは、最近トレンドの斜め前髪です。ショートでもボブでもロングでも前髪を斜めにすることによって、知的な印象にしてくれます。そして、何より嬉しいのが小顔効果もあるという事で、まさに一石二鳥です。


前髪を出すのが恥ずかしいと言う人も、これなら抵抗なくチャレンジ出来そうですね。
流す方向を決め、8:2とか7:3など自分に似合う割合を決めたら、コテで巻いてふんわりさせたり、もっと柔らかい印象にするなら、ホットカーラーもお勧めです。
最後にスプレーをさらっとかければ、崩れにくいですし、固まるタイプのスプレーが苦手な方は、少量のワックスを手に馴染ませ、握るように前髪につけていくと、より自然な感じに仕上がります。
さりげなく、ちょっとしたアレンジを加えるだけで、少しいつもとは違う自分になった様な気がして楽しいですね。
斜め前髪でファッションやメイクの幅も広がるかもしれません。

ぱっつん前髪でも垢抜けるスタイリング方法

とてもイメージチェンジがすぐに出来る方法として、髪型を変えるだけでファッションも変わってしまい、その人の印象が変わる方法です。
ヘアスタイルでの前髪を作る事で、可愛らしいイメージや優しい感じにもなりますが、今人気のぱっつん前髪は個性的にもなり、オリジナルのスタイリング方法で垢抜ける事ができる魅力的な前髪です。
ぱっつん前髪とは、前髪を多めにとってまっすぐにカットしていく方法ですが、前髪のスタイリングの方法だけで全体の印象がぐっと変わります。
最近ではモデルや人気タレントの方達もしてる前髪のスタイリングでは、前髪のサイドを分けて少しだけおでこを見せるだけでも、可愛らしい前髪にもなり個性豊かなスタイリングになります。


ぱっつん前髪で、優しい感じの女性らしさを求めている方は、ゆるくパーマやカラーをしてもふんわりした印象の髪型になり、以前とは違うイメチェンができます。
前髪だけでもかなりの印象を変える事ができるのも、ぱっつんとカットした前髪のおかげで、ゆるめのパーマを前髪にかけると直毛の人はスタイリングがやりやすくなります。
前髪だけのスタイリングなので、自分でも見やすくて印象が全く変わってしまうサプライズもある方法です。

前髪のスタイリングで全体の印象がぐっと変わる!

ヘアスタイルを変えることは勇気がいりますが、前髪のヘアスタイリングだけなら気軽にトライできるうえに一気に全体の印象がぐっと変わります。いつも同じようなヘアスタイルをしていて飽きてしまったという人は、一度気分転換にバングチェンジを楽しんでみましょう。
まず、長めバングの人は軽く巻いて横に流すスタイルによって大人っぽさを出せます。ポンパドールでアップにすると元気な印象を与えることができるでしょう。さらに、思い切って眉の上までカットしてみるのもオシャレ度がグンとアップするのでおすすめです。いきなり眉の上までカットすることに抵抗がある人は、目の上ギリギリのラインでカットしてみましょう。目を大きく見せる効果がある長さだと言われています。


また、バングの長さを変えなくても、スタイリングだけで変化をつけることが可能です。いくつかにブロッキングしたバングをヘアアイロンを使って軽く巻き、手でなじませるようにほぐすとふんわりとした動きのあるバングによってやわらかい印象を与えることができます。一度に巻いてしまうのではなくブロッキングすることによって動きが出しやすいので覚えておきましょう。温度はあまり高温にしなくても大丈夫です。バングのスタイリングによって、新たな雰囲気を楽しんでみてください。

ハサミは『横でなく』『縦』に入れること

前髪だけ伸びてきたのなら、自分でちょっとカットするだけで済ませたいという方もいるのではないでしょうか。ですが、実際にやってみると案外難しく、失敗してしまった経験もありませんか。
そこで、前髪セルフカットのアドバイスを参考にしてみてください。まず、一番間違い安いのは、ハサミは『横でなく』『縦』に入れることです。伸びた髪を切ってすぐにスッキリしたい気持ちはわかりますが、一気にまっすぐ切るのは失敗のもとです。横に切ってしまうと上手い下手に関わらず、斜めになってしまいます。
なので、一気にばっさり切るのではなく、少しずつ少しずつ、縦にカットしてください。縦といっても、垂直ではなく、斜め45度くらいに傾けてカットしてください。イメージ的には、指の第二関節くらいまで挟めるの量の毛束を、5ミリずつくらい斜めにカットします。切り口がギザギザになるように一方向からカットします。右利きの方なら右から左へ少しずつ切り進めていってください。


切るときの注意点ですが、切る部分と、手を付けない部分を分けます。ピンやゴムでカットしない髪を邪魔にならないようにまとめます。
少しずつ切ることで、前髪のバランスを調整することができ、多少の失敗も目立たなくすることができます。

ブロッキングをすることが大事

人には様々なヘアをしている人がいますが、そのヘアスタイルをセットするときやカットを行う時など、かならずブロッキングという方法を行います。
それは、ヘアスタイルをきれいに決めるために行うための業なのです。
髪を小分けることを言いますが、それを行えばヘアスタイルをアレンジするときにやりやすいのです。


美容室へ行けば、ヘアスタイリストの人は必ず行います。
それは基本中の基本で、私たち素人でもヘアセットを行う時はやる事なのです。
細かいやり方は、ヘアスタイリストの人でないとわかりませんが大ざっぱに分けることなくことなく、小分けをすることが大切だと言えます。
髪の毛の量の多くてまとまりにくいという人は、特に必要なことと言えます。
髪を乾かす時にドライヤーを当てるときは、分け方も大ざっぱでよいのかもしれませんが後のセットをするときはすべて小分けが必要です。
少し面倒だと思う人もいるでしょうが、それをやったのとやっていないのとではヘアスタイルの仕上がり具合に関係してきます。
髪の毛がどうもうまくまとめることができないという人は、髪の毛を小分けすることをやってみるとよいのです。
すると案外すんなりと、髪がまとまるものです。

濡らさずにドライカットをするのがおすすめ

前髪をセルフカットする場合、切りすぎてしまったり、乾かした後、切った時より前髪が短くなってしまい、切った時とイメージが違うという経験をしたという方も多くいらっしゃると思います。
髪を濡らした状態でセルフカットをすると、髪を乾かした時に短くなってしまい、自分のイメージ通りの長さに切ることが難しく、失敗してしまうことが多くなってしまいます。
髪を濡らさないで切るドライカットならイメージ通りに自分で髪を切ることが出来ます。


お風呂上がりに髪を切りたい場合はドライヤーなどでしっかりと根本から乾かし、それからセルフカットをします。
少量ずつカットしていくとうまく切ることができ、後から調整をすることも出来ます。
また、前髪のカットに自信がないという方や、真っ直ぐにカットするのが苦手という方には、はさみを下から縦に入れてカットしていくと、髪をすくことが出来ます。
こうしたカットをすることで、簡単にイメージを変えることができ、前髪のカットに自信がない方でも前髪を軽くすることが出来ます。
はさみもセルフカット用のはさみを販売しており、量販店やインターネット通販でも購入することが出来ます。
最近では、100円均一でも販売しており、手頃に購入することが出来ます。

 

まずは整えるのに必要なアイテムを揃える

前髪だけを切りたい際にわざわざ美容室まで通うのは手間です。
このような場合、前髪のセルフカットを行なうとコストを抑えることができ、自分の好みに応じてカットを行なうことが出来ます。
前髪のセルフカットを行なう前に必須アイテムとして、ダッカールやコームやハサミを購入して揃えることが必要です。
これらの道具は近年、100円ショップなどでも購入することが出来るようになっており、ちょっと前髪を整えるといった用途では十分な機能を持っています。
掃除の手間を省く為に床に新聞紙を敷いておくと良いでしょう。
大き目の鏡があると細かい部分を確認しながら、セルフカットが行えるので便利です。
前髪をコームを使ってとかし、左右や中央にブロックを作ってブロック毎にカットを行なっていきます。


ブロック毎のカットを行なうには中央のブロックからカットしていきます。
ブロックを持ち上げ過ぎたり、髪を指で伸ばし過ぎたりすると、髪の毛の長さが変わってしまうので余分に髪の毛を切ってしまう原因になるので注意が必要です。
次に左右のブロックをカットしていきます。
顔の周りが長めになるように意識しながらカットを行い、最終的にコームで前髪をとかしてバランスを整えていきます。

前髪セルフカットのよくある失敗例。

女性は、自分の容姿を魅力的に見せるためには、様々な努力を行うものです。スキンケア化粧品を使って毎日お手入れを行ったり、メイクを研究し自分のコンプレックスや肌悩みなどをカバーしたり、若々しく見える流行のヘアースタイルにしたりなど、男性に比べて圧倒的に気を使わなければならない場所が多いので、お手入れに欠ける時間もお金も桁違いに必要になってしまうものです。


美容に関心があっても、そこにかけられるお金はどうしても制限があるものなので、様々なアイテムを駆使し自分でも頑張ってお手入れに力を入れている女性も少なくはないようです。女性にとって髪は命とは、はるか昔から言われてきたことで、髪のお手入れは美しく魅力的でいるためには欠かせないケアです。流行のスタイルに仕上げてもらうべく美容室へ行く女性も多いですが、男性のように短いサイクルでカットしなければならないこともないので、前髪くらいならばセルフカットで済ます女性も意外と多いようです。全体のシルエットは気に入っていても前だけ伸びて気になるときなど、自分でカットできれば節約にもなります。しかし簡単そうに見えて失敗例も多く、切りすぎたり揃いすぎたりするようで、こういった失敗を防ぐには、髪が乾いた状態で切ることと鋏は縦に入れることがポイントです。