濡らさずにドライカットをするのがおすすめ

前髪をセルフカットする場合、切りすぎてしまったり、乾かした後、切った時より前髪が短くなってしまい、切った時とイメージが違うという経験をしたという方も多くいらっしゃると思います。
髪を濡らした状態でセルフカットをすると、髪を乾かした時に短くなってしまい、自分のイメージ通りの長さに切ることが難しく、失敗してしまうことが多くなってしまいます。
髪を濡らさないで切るドライカットならイメージ通りに自分で髪を切ることが出来ます。


お風呂上がりに髪を切りたい場合はドライヤーなどでしっかりと根本から乾かし、それからセルフカットをします。
少量ずつカットしていくとうまく切ることができ、後から調整をすることも出来ます。
また、前髪のカットに自信がないという方や、真っ直ぐにカットするのが苦手という方には、はさみを下から縦に入れてカットしていくと、髪をすくことが出来ます。
こうしたカットをすることで、簡単にイメージを変えることができ、前髪のカットに自信がない方でも前髪を軽くすることが出来ます。
はさみもセルフカット用のはさみを販売しており、量販店やインターネット通販でも購入することが出来ます。
最近では、100円均一でも販売しており、手頃に購入することが出来ます。

 

Comments are closed.